冬だけでなく、夏も保湿のケアは大切です。
顔だって、夏は化粧水、冬はクリームと使い分けていますよね。
それに、ぶつぶつができる原因としても保湿が関係しているそうです。

原因の一つの毛孔性苔癬はターンオーバーの乱れによっておこると
いいましたが、二の腕が乾燥すると角質がうまくはがれなくなり、
たまった状態になってしまうようです。

保湿だけでは治らないです。角質を柔らかくして、
化粧水やクリームをつけた方が効果があります。

角質を柔らかくするためにピーリング、
尿素入りのクリームを使うということがあります。

尿素入りクリームは角質を柔らかくする成分が入っています。
ただし、尿素入りのクリームのつかいすぎもだめ!
尿素入りのクリームは、角質をはがしてターンオーバーを
促す効果があります。乾燥しやすくなり、
それが敏感肌につながり悪化する可能性があります。

 

間違ったやり方で体を洗っていませんか?

体を洗う時に、ごしごしやりすぎないことです。
シャワーだけで体を充分にぬらしてから
ボディッタオルやボディブラシなどに石鹸や
ボディソープを良く泡立てて
優しく体を洗ってくださいね。

角質はターンオーバーによって、自然にはがれ落ちるものです。
気になるところはスクラブなどで洗ってもいいですね。