二の腕、背中のブツブツ、気になっていませんか?
「ブツブツを美しい肌にしたいけれど、
どうやってケアしたら良いのかわからない…」
「なんだか人目が気になって肌を出す服は避けている…」
そんな悩みを持つ人は意外と多いものです。

ブツブツを痛み、痒みがないからといって、
何もせずに放っておいたり、気になってボリボリと
引っかいたり、掻いてしまうことは厳禁!
早いうちの手当てが大事です。
ここでは、ぶつぶつの原因をご紹介します。

 

ブツブツの3大原因はこれ!

1.毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん、)、

または毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)とは、

身体の毛孔内に角質が充満し表皮にまで盛り上がり丘疹を成す角化症、

角質異常で、皮膚病のひとつ。小児期、思春期によく見られ、

遺伝性が疑われる。各種の類似症例を毛嚢性角化症、

または毛包性角化症と総称することもある。

ごく稀な例を除き自覚症状は無く、健康上重大な問題も起こらない。

2.尋常性ざ瘡(尋常性ざ瘡、じんじょうせいざそう)は、

顔や背と胸に見られる炎症性皮膚疾患の一つ。

一般的に青少年の顔面に生じる皮膚病をにきびと呼び、

それ以外は吹き出物(ふきでもの)とすることが多い。

にきびの語源は諸説ある。「尋常」とは、普通にという意味。

ざ瘡は、医薬品を処方する際の便宜上、表在性皮膚感染症に

分類されることが多いものの、感染症とする根拠はない。

語源となっているアクネ菌(英語版)は、皮膚の常在菌である。

日本では90%以上の者が経験する疾患であることから、

「にきびは青春のシンボル」とも言われている。

ウキペディアより抜粋

 

3.紫外線アレルギーとは、別称「日光アレルギー」や「日光過敏症」、

「光線過敏症」ともいいます。一般的には問題のない量の紫外線を

浴びただけでも、皮膚や目に腫れや湿疹、かゆみなどのアレルギー症状が

出てしまうものです。一度発症すると、完治は難しいといわれています。

子供よりも中高年以降の大人になりやすい傾向がある。

 

以上のように原因は大きく3つですが、一つだけでない場合が多いです。

他にも原因は考えられますので、特にひどい痛みやかゆみが

続く場合は医療機関にて診察を受けてください。